エンザイム(酵素)Lab.

ホリスティック栄養学&ホリスティックケアを中心とした健康コラム By Yukiyo
<< 季節の体内リズム | main | メタボ対策プラント >>
免疫力はなぜ低下するの?
にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ ← 1ポチお願いします。ランキング参加中です。

【免疫-1:免疫の段階】

血液中のリンパ球や免疫グロブリンは冬に低く、免疫力が低下しやすいので、風邪をひきやすくなるというお話をしました。

ご存知のように、免疫(immunity)とは、感染、病気、あるいは望まれない侵入生物を回避するために十分な生物的防御力を持っている状態…
つまり、免疫力とは、病原菌などから身体を守るシステムです。

免疫には下記の2段階あります。

◎ 第1段階:粘膜
粘膜は喉や鼻などの内面をおおった上皮のことで、粘液は粘膜がある所に分泌される液体(唾液や鼻水)などのこと。
下記2つの働きを持ち、外部からの病原菌の侵入を阻止します。

1.病原体を包み込み体外に排出する働き。
 くしゃみや咳はその排出のための防御反応です。

2.粘膜に付着した病原体を殺菌する働きです。
 粘液が少ないと病原菌の侵入を防ぐことができなくなります。
 唾液の分泌が少ないと細菌が体内に侵入しやすくなるので、注意しましょう。
 ◆粘液は乾燥に弱く、冬に分泌が低下します。
 ◆緊張によるストレスにより、交感神経が優位になるため唾液の分泌量が低下
  します。緊張すると喉が乾くのも唾液の分泌が低下しているからです。
 ◆食事を抜いたりよく噛まずに食べると唾液の分泌量が減るため、免疫力が低
  下します。

◎ 第2段階:体内
粘膜を突破し体内に病原菌が入ってしまった場合には体内で病気が進行しないように感染した細胞や病原菌を排除しますが、体内で働く免疫細胞は寒さに弱く、気温の低下や身体が冷えると活動が鈍くなりますので、冬に免疫力が低下しやすく、風邪を引きやすくなるのです。

また、身体に負担がかかると自律神経やホルモンのバランスが崩れ、免疫細胞の働きが低下してしまうから、疲労した状態でも免疫力が低下します。

精神的なストレスを感じるときも免疫力は低下しますが、ストレスや緊張は第1段階の唾液の分泌も減少させてしまうので、特に注意が必要です。
ストレスで免疫力が低下するのは以前、実感したことがあります。

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚

米国ホリスティック栄養学士Yukiyoです。いつもご訪問ありがとうございます。
ランキング参加中です。励みになりますので、応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚
| Yukiyo | 免疫 | 20:08 | comments(1) | -
くしゃみや咳はその排出のための防御反応だっていうのはどこかで聞いたことがあります。

疲れている時やストレスがたまっている時に免疫力が下がるっていうのもとってもよくわかる気がします。
| tomy | 2009/02/16 1:03 AM |












このページの先頭へ