エンザイム(酵素)Lab.

ホリスティック栄養学&ホリスティックケアを中心とした健康コラム By Yukiyo
<< 免疫Downしている人は要注意!リステリア菌 | main | ペポカボチャ種子 >>
梨で秋風邪予防

秋は「燥邪」(そうじゃ)といって、乾燥の季節です。五行では、秋の五臓は「」。
「肺」が影響を受けて働きが弱ると、外気への抵抗力もダウンする悪循環になり、咳や喘息、喉や胸の痛みなどのトラブルが多くなります。

中国の古書には「梨は大小便を利し、熱を去り、渇を止め、痰を開き、酒毒を解す」とあり、「百果の宗」と言われ、昔から漢方薬などにも広く利用されきました。
また、高血圧の改善、便秘の解消、疲労回復、二日酔いにも効果があります。
最近は、抗癌作用をもつフライボノイドやポリフェノール、糖尿病患者への代替甘味料となるソルビトールなどの成分が注目されています。

実は先日、久々に喉を傷め、かなり辛かったのですが、梨のおかげで、だいぶ楽になりました。
熱があり、喉が渇く時は、梨を食べると熱をやわらげ、同時にのどの渇きも止めてくれます。
梨をすりおろし、ハチミツを加えて弱火で煮詰めた煮汁を飲めば、せきやたんを除き、喉の痛みが楽になります。 お湯割りにしてもいいですね。
二日酔いにもオススメです。

梨は韓国語で「배 (ぺ)」と言いますが、韓国では料理に梨がよく使われ、年間を通して流通しています。1人当たりの消費量は日本の4倍もあるのだそうです。中でも、梨のタンパク質分解酵素が肉を軟らかくしたり、殺菌作用のあることから、肉料理で梨のすりおろしや絞り汁がよく使われます。
梨のすりおろしジュースは日本ではあまりありませんが、韓国では缶ジュースなどがあり一般的ですね。

 梨の「My三水」
 みずみずしさが命


健康法
← ポチッ

| Yukiyo | 食品・栄養 | 19:29 | comments(3) | -
梨が二日酔いに良いとは知りませんでした。
風邪をひいて喉が痛い時、作ってみようかと
| milk | 2011/10/16 2:58 AM |

こんばんは!

私も数日前から喉の調子が悪いです。
明日、さっそく梨を買ってこようかな。
| めぐみん | 2011/10/14 1:08 AM |

梨って、水分だけかと思っていたけど、色々な効能があるんですね。
| Yoko | 2011/10/13 11:06 PM |












このページの先頭へ