エンザイム(酵素)Lab.

ホリスティック栄養学&ホリスティックケアを中心とした健康コラム By Yukiyo
<< 脂肪燃焼効果UP!の組み合わせ | main | フーレセラピー >>
免疫力UP!で歯周病ケア

以前、マウスケアについて書きましたが、日本人が歯を失う原因は、虫歯よりも歯周病の方が多いそうです。若い時に歯を失うのは虫歯が原因であることが多いのですが、40代を過ぎてから歯を失う最大の原因の大半はこの歯周病です。

------------------------------------------------------
日本では歯周病(歯槽膿漏症)に罹っている人は国民の83%
50歳以上に限るとなんと90%以上
------------------By 歯科疾患実態調査------------------



歯周病は、歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている歯周病菌に感染し、歯肉(歯茎)が腫れたり、出血したりなど、歯の周りの病気の総称ですが、痛みなどの自覚症状が出にくいため、すでにこの病気にかかっていても気付かず、症状が悪化してその結果歯を失ってしまう人がかなりいるのだそうです。

最初に歯肉炎が起き、それがさらに進行すると歯周ポケットができます。そうなるとプラークコントロールが難しくなってしまいます。さらに歯周病が進行すると、周囲の骨が溶かされていきます。

プラークはただの食べカスではなく細菌の塊です。この細菌が産生する「酸」や「毒素」が歯周病の発生・進行に大きく関わってきます
口の中には数百種類の細菌が存在していますが、この中で特に歯周病の原因菌とされているものとして、アクチノバチルス・アクチノマイセテムコミタンス(A.A菌)、プロフィロモナス・ジンジバーリス(P.G菌)、プレボテーラ・インテルメディア(P.I菌)、スピロヘータなどがあります。これらの細菌が、外部から侵入して口の中で増殖することによって感染し、発症します。

高齢になるにつれて歯周病患者の割合は増えていきますが、これは、身体の免疫力が低下することによって歯周病が進行しやすくなるからです。
風邪をひいたり身体が疲れていたりすると免疫力が低下するので、歯周病は進行しやすくなりますし、喫煙している人は、歯ぐきの免疫力や修復機能が低下してしまうため歯周病になりやすいと言われています。
また、糖尿病になると白血球の機能が低下し、さらに唾液の分泌も少なくなってしまうので歯周病になりやすくなります

歯周病は、全身的な病気とも深いつながりがあり、歯周病があると、糖尿病・感染性心内膜炎・心臓血管疾患・骨粗鬆症・肺炎などの発生率が高いと言われています。

食べ物を噛まない子、噛めない子が増え、噛かむための筋やあごの発達が遅れたかで顎が退化し、口元の細いタイプの顔が増えてきたことが問題になっていますね。
発達していない小さい顎には、生えてくる歯が並びきらず、歯並びも乱れてきてしまいます。歯並びや顎の発達は虫歯や歯周病のリスクを高めます。

よく噛むと唾液の分泌量が増えます。唾液には細菌を洗い流して、炎症を起こしにくくする成分(免疫グロブリン)が含まれています。毎日の食事に噛みごたえのある食品を取り入れて、よく噛んで食べましょう。また、生野菜やリンゴなど噛みごたえのある果物など、繊維質のものを食べることで歯についた食べカスを落とす効果があります。
インスタント食品や食品添加物や農薬を使用した食品はなるべく避けましょう。

自分は大丈夫と思っている方も、もしかしたら自覚症状がないだけかも?ということもあるので、油断は禁物!
特に免疫力が落ちている時は要注意です

ご訪問、ありがとうございます。
ブログ村ランキング参加中です。ポチっと、クリックお願いします
健康法
← ポチッ
  

| Yukiyo | ホリスティック医療&ケア | 17:31 | comments(8) | -
皆さん

コメントありがとうございました。

正しいマウスケアの仕方、噛むことの重要性など、子供の頃からきちんとした教育が必要ですね。

80歳になっても20本以上自分の歯を保とうという「8020運動」がありますが、そうありたいですね。

私も、定期的に歯科検診を受けようと思います。
| Yukiyo | 2011/10/12 9:48 PM |

おそろしいことに、子どもの頃から朝晩の歯ブラシで歯磨きする習慣はあっても、フロスを使うことを両親から教わりませんでした。18歳の頃見た欧米映画の中でフロスを使う場面を多々見かけるようになり、初めて歯間ケアを知ったのです!

あれから15年、歯科の定期健診を受けるようになり一度も虫歯になっていませんが、先日、衛生士さんから「朝起きてすぐに歯を磨くのがあたりまえ」と教わって、初めてフロスを知った時以来の衝撃を受けています・・・。朝一番に口の中のバクテリアを洗い流さないまま飲食するのはとても危険!とのこと。高齢になって総入れ歯になることよりも、飲み込み続けた歯周病菌が体内に回って内臓疾患を起こすことのほうが怖いのだとか。

歯並びを矯正する習慣・文化のない日本人こそ、歯間や歯周ポケットケアを念入りに行わないといけないようです。
| むー | 2011/10/11 10:40 PM |

歯周病が体に及ぼす害、恐ろしいですね。
自覚症状がなく、進行してしまうという事なので定期健診が大事なんですね。
| hiro | 2011/09/15 11:43 PM |

そういえば亡くなった伯父が歯周病だったって聞いたことあります。
あまり気にとめてなかったのですが、けっこう大変なのですね。
| RiRi | 2011/09/14 7:42 PM |

確かに体調の悪い時に歯が痛むことがあります。歯医者さんに行かないと・・・・!
| milk | 2011/09/13 12:03 PM |

虫歯はないので安心していましたが、安心もしれいられないですね。
| あっきー | 2011/09/12 7:44 PM |

歯周病ってこわいんですね。
歯医者って、よっぽど痛い時か、詰め物がとれた時くらいしか行きませんが、ケアも大切ですね。
| のらくろ | 2011/09/12 1:06 PM |

自覚症状がでにくいって怖いですね。
油断大敵ですね。
| Hana | 2011/09/12 12:26 AM |












このページの先頭へ