エンザイム(酵素)Lab.

ホリスティック栄養学&ホリスティックケアを中心とした健康コラム By Yukiyo
<< 被災地域の皆さまへ | main | 節電熱中症 >>
誤嚥性肺炎とマウスケア

東日本大震災の避難所で心配されていた高齢者の体調管理で、口腔(こうくう)ケアが後回しにされがちなことが懸念されていました。
それは口腔(こうくう)ケアを怠ると口の中に細菌が発生し、誤嚥(ごえん)性肺炎を招くこともあるからです。新聞などでも取り上げられていましたね。

誤嚥性肺炎とは?

気管の入口には喉頭蓋(こうとうがい)というフタがあり、食べ物を飲み込む時に反射的に閉じる仕組みになっています。
でも、年をとると反射が鈍くなり、異物が誤って気管から肺に入りやすくなります。
その際、もともと口の中に存在する雑菌や胃液が、食べ物や唾液と一緒に肺に入り込んで引き起こされるのが、誤嚥性肺炎です。

実は、誤嚥性肺炎になるのはお年寄りばかりではなく、脳梗塞などの脳血管障害の人、食道や胃の一部を切除した人も、胃の内容物が逆流して、気管に入りやすくなります。
私の知人でも、脳梗塞で入院したのに、最後は誤嚥性肺炎でお亡くなりになった方がいます。

また、若い人でも、深酒をして寝ながら吐いたりすると、アルコールによって喉の反射が鈍っているため誤嚥する危険性があり、嘔吐物が入り込むと、強い酸性の胃液が混じっているため重症になりやすいので注意が必要です。

誤嚥性肺炎の予防

まず口の中を清潔にすること!です。
毎食後と就寝前には必ず歯磨きをし、その際には歯だけではなく、細菌が存在する舌の表面もブラシするなどして、口腔内の雑菌を減らせば、誤嚥しても肺炎になる危険性が減ります。


歯磨きや口腔ケアは、虫歯予防や口臭予防だけでなく、様々な病気の予防にもつながる非常に重要なことです。
ホリスティックケア・・・特にペットのホリスティックケアでも、マウスケアは重視されています。
| Yukiyo | ホリスティック医療&ケア | 20:35 | comments(0) | -











このページの先頭へ