エンザイム(酵素)Lab.

ホリスティック栄養学&ホリスティックケアを中心とした健康コラム By Yukiyo
<< お屠蘇の薬効 | main | インフルエンザと花粉症 >>
インフルエンザと乾燥

日本海側の大雪はすごいですね。
今、事情があって、私の愛犬コロは山口県にいますが、先日、山口から、雪の中で遊びまわっている写真が届き、雪国のように積もっていたのでびっくりしちゃいました。

それに対し太平洋側はかなり乾燥していて・・・インフルエンザが猛威をふるっているようです。

そう、インフルエンザウィルスは乾燥が大好きです。

ウイルスは低温、低湿を好み、乾燥しているとウイルスが長時間空気中を漂っています。
一般的にインフルエンザウイルスの繁殖を防ぐには50〜60%の湿度が望ましいとされていますが、高温高湿の室内環境はカビの原因にもなるので、湿度50%、温度20℃をキープするのが理想的ですね。
エアコンなどの暖房器具を5時間使い続けると、湿度が30%以下に下がりやすくなると言われています。
湿度が20%の部屋では、皮膚は乾燥し、乾燥した肌をかくことでばい菌が入り、症状が悪化します。
また、乾燥した部屋に部屋にいると、赤血球はマイナスに、静電気はプラスに働き、赤血球は静電気にひきつけられ、血液がドロドロになって、脳梗塞の原因になります。怖いですね。

とにかく何より加湿が大切!
インフルエンザを予防するためには適度な湿気、適度な換気が必要です。

私はエアコンが苦手なので、普段、加湿器のついたヒーターを使っていますが、寝る前に2リットルの水を入れても、朝にはほぼ空っぽになっているので、もし加湿器をつけていなかったら…と思うとゾッとします

加湿器がなくても、濡れタオルを干すとか、洗面器に水をためる、マスクをするなど、すぐできることから始めたいですね。

とにかく加湿と、免疫力アップ!です。

みなさんも、風邪とインフルエンザにお気をつけ下さい。

| Yukiyo | 症状別:風邪・インフルエンザ | 01:08 | comments(1) | -
はじめまして

先日初めて加湿器を買って、使っています。
調子いいです。
もっと早く買えばよかった…
| バース | 2011/01/28 1:59 AM |












このページの先頭へ