エンザイム(酵素)Lab.

ホリスティック栄養学&ホリスティックケアを中心とした健康コラム By Yukiyo
<< 免疫力と栄養 | main | 免疫力:攻めと守りの食材 >>
免疫力と自然治癒力

快晴で気持のいい朝ですね!

今日も免疫についてお話します。

私達の身体には、細菌やウイルスなどの外敵や異物から身を守る力…免疫力が備わっています。
バリヤーとしての皮膚、汗、涙、鼻汁、胃液などの分泌液や腸内細菌、白血球などがあげられますが、中でも白血球は、身体のいたるところで活躍してくれています。
 免疫細胞は白血球?

免疫力は白血球の数と活性によって決まると言われていて、白血球の働きが、何らかの理由で弱まったり、ネットワークが混乱すると、病気になってしまいます。
免疫力を高めるためには、免疫機能の戦士たちである免疫細胞、顆粒球だけでなく、マクロファージやNK細胞やT細胞、B細胞といったリンパ球をバランスよく元気にすることが大事です。

自然治癒力こそが人間がもつ生命力そのものだと思います。
体を健康な状態に保つためには、下記の機能を十分に働かすことです。
1. 恒常性維持(体の機能のバランスや秩序を正常に保つ)
2. 自己防衛(生体防御)
3. 自己再生(修復・再生)

自然治癒力を高めるには、自己再生機能と自己防衛機能を同時に高めることが求められます。
自己再生機能は、遺伝子によって受け継がれているもので、細胞に記憶されているものです。その遺伝子の記憶に従って、壊れた細胞は再生されます。
そのためには、人間の細胞がタンパク質で構成されているということから、数多くのアミノ酸をバランス良く摂ることが必要なのです。

自己防衛機能を高めるには、主に各細胞にひとつづつ存在する抗酸化酵素SOD、白血球に存在するマクロファージリンパ球、そして顆粒球の、4種類の戦士をバランスよく強化する必要があります。

最近、周りで、ウイルス性感染症にかかった人が何人かいます。
リンパが腫れたり、ウイルス性結膜炎にかかったり・・・
免疫力が落ちてしまっているのかもしれませんね。

次回は、免疫力と栄養に話を戻して、免疫機能を強化したり調整したりする栄養や食品についてお話しますね

| Yukiyo | 免疫 | 08:54 | comments(0) | -











このページの先頭へ