エンザイム(酵素)Lab.

ホリスティック栄養学&ホリスティックケアを中心とした健康コラム By Yukiyo
<< だるおも〜の原因は酸素不足? | main | 脳に酸素、足りていますか? >>
細胞呼吸と酵素

普段、何気なく呼吸をしていますが、呼吸には、2種類あります。
肺呼吸と細胞呼吸です。

肺呼吸(外呼吸)外界から肺の作用で酸素を取り入れて二酸化炭素を排出するものです。
肺では胸郭のふいご運動(胸式呼吸、肋間筋)と横隔膜筋と腹壁筋による運動(腹式呼吸)によって、肺に空気を取り込みます。この空気は気管支、細気管支の末端にある肺胞に到達し、その壁である薄い膜と血管壁を通して、毛細血管との間で、酸素、二酸化炭素の交換が行われています。この交換は膜の内外の酸素の圧の差により、分圧の高い方から低い方へ移動します。

酸素を、赤血球にあるヘモグロビンが取り込み、この血液は心臓に行って、その後全身に送られます。体の各組織に到達したヘモグロビンは細胞に酸素を引き渡します。

細胞呼吸(内呼吸)とは体内の細胞が、酸素を細胞内へ取りいれて様々な細胞物質の合成、伝達、分解、代謝をする作用です。このエネルギーは、脳の働き、筋肉の収縮、消化器の消化液分泌、蠕動運動など、それぞれの細胞の機能を発揮するのに利用されます。もし、酸素を十分に取り入れる事ができなければ細胞の機能は停止し、さらには細胞の崩壊へと進んでいきます。

細胞呼吸の代謝について、簡単に説明しますね。
細胞呼吸は、大きく分けて解糖系・クエン酸回路・酸化的リン酸化の3つの代謝が関わります。
糖類はこれらの代謝系によって二酸化炭素 及び水にまで分解され、その過程でATPが生産されます。

解糖系は細胞質基質で行われる酸素を使わない糖の酸化過程で、10段階の酵素反応よりなります。クエン酸回路はピルビン酸などから変換されたアセチルCoAを二酸化炭素に分解する酸化過程です。狭義のクエン酸回路は、10段階の酵素反応より成ります。
酸化的リン酸化は、4種類の呼吸鎖複合体による3段階の酸化還元反応が関与する電子伝達系と、それと共役してATP合成酵素によりATPが生成します。
呼吸の収支式:
グルコース (C6H12O6) + 6 O2 + 38 ADP + 38 Pi → 6 CO2 + 6 H2O + 38 ATP
酵素による約25の反応がこの代謝には関わっていて、グルコースの持つエネルギーの有効利用に役立っています。

しかし、人間は35才から細胞呼吸を行う酵素が減少し、細胞呼吸の機能が低下し始め、50才になるとその呼吸機能低下のペースが早まります。すると、細胞内の様々な物質の合成または代謝の化学反応が鈍くなり、トラブルが発生します。
例えば、女性ホルモンの合成酵素はミトコンドリアの中にあり、ミトコンドリア細胞呼吸が低下してくると、女性ホルモンの合成ができなくなり若くして生理不順や更年期の症状が現れます

続きは次回・・・お楽しみに

 酸素とATP
 だるおも〜の原因は酸素不足?

ご訪問、ありがとうございます。ポチっと、1クリックお願いします
健康法
← ポチッ
  

| Yukiyo | その他 | 13:46 | comments(3) | -
細胞呼吸の低下なんてあるのですね。老化に伴い知らなかったいろいろな現象が起きてくるのですね
| hiro | 2010/07/02 12:05 AM |

細胞呼吸って初めて聞きました。
いつもとても勉強になります。
| 3D | 2010/07/01 7:06 PM |

私は30代で更年期が始まりました。
細胞呼吸の低下とかかわりがあるのかもしれませんね。
| A子 | 2010/07/01 6:31 PM |












このページの先頭へ