エンザイム(酵素)Lab.

ホリスティック栄養学&ホリスティックケアを中心とした健康コラム By Yukiyo
<< 食中毒と温度と免疫力 | main | だるおも〜の原因は酸素不足? >>
酸素とATP

昨晩、ホタルを見にある川に行った時、川の水が酸素不足・・・というお話をうかがい、以前飼っていたお魚のことを思い出しました。

以前飼っていたネオンテトラです。いつも癒してくれていました。


お魚を飼ったことのある方は多いと思うので、わかると思いますが・・・写真には写っていませんが、エアポンプを導入して、常に水中に酸素を送り込んでいました。
同時期に、友人もお魚を飼っていたのですが、数日留守にした時、エアポンプが作動していなくて、帰宅した時にすべて死んでしまっていた・・・ということがありました。

地球上のほとんどの生物は生命サイクルの中で呼吸により酸素を取り込み、細胞の1つ1つに行き渡ることにより生命を維持しています。
陸上の動物が肺で呼吸しているのと同様に、水中の動物たちも主に「エラ」で呼吸しています。
この時、生物は酸素を体内に取り込みますが、この酸素が、体内で様々なことに使われています。
その中でも特に重要なのが体の細胞内でATP(アデノシン三リン酸)を合成することで、ATPが生物が生きていく上で最も重要なエネルギーの元であるのです。
ATPは、生物体で用いられるエネルギー保存および利用に関与するヌクレオチドであり、すべての真核生物がこれを直接利用する。
化学式 C10H16N5O13P3 分子量 507.181


水草は水中に多量の酸素をもたらしていますが、同時に呼吸も行っていて、夜間は光がないので呼吸のみを行っています。熱帯魚たちのフンやエサの残りなどの汚れを分解したり、その分解された物質を更に無害な物質に変えてくれる微生物(バクテリア)も、活動する際に大量の酸素を消費します。

特にろ過槽など汚れの溜まりやすい環境ではこのバクテリアがたくさん棲んでいて、常に酸素を消費しながら水をきれいにしてくれています。
また、この時に生じた無機窒素化合物は、肥料分として水草に吸収されます。
このように、動物・植物・微生物と、すべての生物が酸素を必要としていて、これらの生物がお互いに必要な物質を出し合いながら、環境をバランス良く保っているのですね。

 ホタルやカルガモのいる川

ご訪問、ありがとうございます。ポチっと、1クリックお願いします
健康法
← ポチッ
 

| Yukiyo | その他 | 18:21 | comments(7) | -
皆さん、コメントありがとうございます。

お魚は本当に癒されますよね。
写真ではわかりませんが、ネオンテトラの他に、カージナルてテトラ、小さいエビ、コリドラス・パレアタスを一緒に飼っていました。

>鈴 さま
ネオンテトラは値段も手ごろですし、とにかくキレイなので、オススメです。ただ、繁殖が難しいので、増やすのは難しいかも・・・。
| Yukiyo | 2010/07/04 1:04 PM |

一人暮らしを始めたので、お魚を飼おうと思っていて、何にしようか迷っていたのですが、ネオンテトラ、きれいですね!
| 鈴 | 2010/06/30 8:23 PM |

熱帯魚きれいですね。
見ていて癒されますよね。
| milk | 2010/06/27 1:10 PM |

とても綺麗ですね。
大切に育てていた様子がわかります。
私も熱帯魚をたくさん飼っているので・・・
| ムーミン | 2010/06/26 11:13 PM |

夢のあるステキな水槽ですね。
毎日眺めていたら楽しそう・・・
| Hana | 2010/06/25 9:46 PM |

酸素ってふだん意識しないけど、生きていくために必須で、たいせつなものですよね。
| 3D | 2010/06/25 9:31 PM |

私もネオンテトラ飼っていました。キレイで癒されますよね。
| まりも | 2010/06/25 8:43 PM |












このページの先頭へ