エンザイム(酵素)Lab.

ホリスティック栄養学&ホリスティックケアを中心とした健康コラム By Yukiyo
<< ミョウガのα−ピネン | main | 酵素発酵地(?)が・・・ >>
加水分解酵素

色々とバタバタしていて・・・久々のブログです。
久々に書くので、やっぱり「酵素(エンザイム)」について書くことにします。

10年位前と比較すると、「酵素」という言葉も一般的に使われるようになってきましたね。

酵素のことなんとな〜くわかっている人は多いと思いますが、「酵素を分類してみて下さい」と言われたら、どう説明しますか?
「消化酵素と代謝酵素と食物酵素」という答えが返ってきそうですね。

酵素の分類については、実は1年半位前に2回に分けて書きました。
触媒反応の形式による分類と、6系統の反応別分類です。

今日は、酵素を、触媒する化学反応に従って6つのグループに分類している、6系統の反応別分類のうち第3類の加水分解酵素(hydrolase)についてお話しますね。
ちょっと専門的な話になりますので、興味のない方はスルーして下さい。

「加水分解」とは、読んで字のごとく、水の分子によって分解されることです。水に食品を入れておくと柔らかくなるのは、水の分子によってタンパク質などが分解されるからです。
皆さんがよくご存知の、アミラーゼやリパーゼなど、消化器系で働く「消化酵素」は、加水分解酵素に属します。

この類に属する酵素は、生体内で行われている様々な加水分解を触媒て、さらに次の11の小グループに細分類されています。

《エステル結合に作用するエンザイム》

カルボン酸・リン酸・硫酸などのエステルを加水分解します。
リパーゼ・コリンエステラーゼなど。また、制限酵素なども、このグループに含まれます。

《グリコシル化合物に作用するエンザイム》
糖の還元性水酸基との間で作られたグリコシド結合を加水分解します。
α-及びβ-アミラーゼ・グリコシダーゼ・ヌクレオシダーゼなど。

《エーテル結合に作用するエンザイム》
チオエーテル結合に作用するものとエーテル結合に作用するものがあります。

《ペプチド結合に作用するエンザイム》
トリプシン・キモトリプシン・カルボキシペプチダーゼ・ロイシンアミノペプチダーゼなど、多くのタンパク分解酵素がこれに属します。

《ペプチド結合以外の炭素‐窒素結合に作用するエンザイム》
例:ウレアーゼ・アスパラギナーゼ・ペニシリナーゼ

《酸無水物に作用するエンザイム》

ATPアーゼをはじめとして、多くのピロリン酸結合を加水分解する酵素がこれに含まれます。

《炭素‐炭素結合に作用するエンザイム》
例:キヌレイナーゼ

《ハロゲン族元素との結合に作用するエンザイム》
例:ジイソプロピルフルオロフォスファターゼ

《リン‐窒素結合に作用するエンザイム》
例:フォスフォアミダーゼ

《硫黄‐窒素結合に作用するエンザイム》
例:スルホグルコサミンスルファミダーゼ

《炭素‐リン結合に作用するエンザイム》
例:フォスフォノアセトアルデヒドヒドロラーゼ


なぜこんなにたくさんの種類の加水分解酵素があるのかというと、以前触れた、基質特異性によるものです。

| Yukiyo | 酵素(エンザイム) | 21:02 | comments(0) | -











このページの先頭へ