エンザイム(酵素)Lab.

ホリスティック栄養学&ホリスティックケアを中心とした健康コラム By Yukiyo
<< アルツハイマー病患者からのお願い | main | 美容と健康にピーナッツを! >>
成熟度によって変わる作用

一昨年、朝バナナダイエットが流行り、一時期は店頭からバナナが消えましたね。
打ち合わせで出版社に行った時に、著者のはまち。さんに、一度だけお会いしたことがあります。



ところで、バナナの食べ頃っていつだと思いますか?
黒い斑点(シュガースポット)が出てくると、甘みが増してきますし、酵素の点からみると、熟したバナナを生で食べることをオススメしますが、でも、実はバナナは成熟度によって体に与える作用が違ってくるのです。

青い(未熟な)バナナ
難消化性デンプンが豊富で、小腸で吸収されずに大腸に届いて、乳酸菌等の善玉菌の餌になり、腸内環境の改善に役立ち、ヨーグルトやはちみつと一緒に食べると効果的です。未熟なバナナは熟すにしたがって、でんぷんがブドウ糖に変化するので、未熟な状態であればでんぷんを多く摂ることができるため、腸内で善玉菌が増える効果も高いのです。

黄色いバナナ
カリウムやマグネシウムが豊富で、余分なナトリウムを排出し、血液サラサラ効果があり、食べた直後に血流の流れが変わる即効性があります。

黒い斑点(シュガースポット)増加のバナナ
免疫力をアップする効果があると言われています。バナナが白血球の働きを高めて免疫力を上げる作用は、バナナの成熟度によって異なりますが、免疫活性力は表皮一面にシュガースポットができて完全に熟す10日目に最も高まり、黄色いバナナより最大で8倍もの違いがあると言われています。


バナナの作用は、まだまだあります。

バナナは体内での吸収が早いためエネルギーに変わりやすく、カリウムなどのミネラルが豊富なので、スポーツ選手の理想的な栄養源と言われていますが、汗をかくこれからの季節、夏バテ防止にもいいですね。

また、睡眠効果のあるセロトニンの材料となるトリプトファンが豊富に含まれています。寝付きにくい夜にもいいかもしれません

そして、最も注目したいのが、バナナの抗酸化作用です。
ガンや動脈硬化の原因となる活性酸素を抑制する働きがあるのですが、「スジ」の部分が最も抗酸化力が高いことがわかっていますし、加熱しても、免疫増強作用や抗酸化作用は失われません

バナナを食べる時は、ぜひスジもご一緒に! 

 ヘルシーバナナマフィン
 春キャベツのべジフルジュース (酵素たっぷり!バナナ入りジュース)

ご訪問、ありがとうございます。ポチっと、1クリックお願いします 
健康法
← ポチッ

| Yukiyo | 食品・栄養 | 10:45 | comments(13) | -
>裕さま

お返事、長くなりそうだったので、ご連絡いただいたメールアドレスに、メールいたしました。
| Yukiyo | 2010/06/16 12:17 PM |

わあ、ご丁寧な回答ありがとうございます^^
すみません、そういう意図があるとは全く気づかず大変失礼とも取れるようなコメントをしてしまいました^^;
申し訳ございません。

文頭の文字も読み落としていました!非常に申し訳ないです。恣意的な読み飛ばしではないので、ご容赦ください。

# ローフードを徹底して、気づかぬうちにストレスをためて、結果、過食症になり、ローフードと過食を繰り返している人がいます。彼女は普通の食生活ができず、両極端な食生活しかできなくなってしまったのです。実は似たような人を何人か知っています。

なるほど、確かにそういうこともありますよね。
本当は、社会的にローフードを摂取しやすいような食のインフラを構築する必要があるのでしょうが、それがない以上個人の知識レベルと家族や夫婦単位の生活習慣に全てが委ねられてしまいますよね。

しかも、現代社会のとても「ハズレ」が多い食のインフラに頼らざるを得ないと。

Yukiyoさんとしては、現状の日本の食のインフラの在り方についてどう思われますか?これを変えると良くなるのではないか、というご指摘などあればお伺いしてみたいと思うのですが。
とても興味があるので、ご回答頂ければ幸いです。

ちなみに私もブログで健康に関して書いているのですが、「自分で考えて、一番気持ちが良く快適な生き方をすればいい」というスタンスで書いているので、今のところそういう両極端な人を排出するには至っていません。
しかし一歩間違えるとそういうことになるということは、肝に銘じておかなければなりませんね。
| | 2010/06/15 10:19 PM |

皆さん、コメントありがとうございます。

文頭にも書きましたが、酵素の点からみると、もちろん熟したバナナを生で食べることをオススメします。スジも一緒に…ね!

>裕さん

カテゴリーを「酵素」ではなく「食品・栄養」にしているのは、酵素だけでなく、バナナの成熟度によって変わる一般的な作用を説明するためです。
酵素に重点を置く場合はカテゴリーを「酵素(エンザイム)」にしてます。

確かにこのサイトのタイトルは「エンザイムLab.」で、酵素の重要性を伝えることを目的としていますが、でも、酵素だけに着目すればいいというわけでもないと思います。
酵素だけに着目すれば、確かに加熱せずに生で食べましょう…ということになりますが。

もちろん、果物を加熱して食べることを推奨しているわけではありません。
でも、加熱したものを絶対に食べてはいけないと言うつもりもありません。酵素活性は失われますが、果物によっては、加熱することで別の効能が期待できるものもあります。

ローフードを徹底して、気づかぬうちにストレスをためて、結果、過食症になり、ローフードと過食を繰り返している人がいます。彼女は普通の食生活ができず、両極端な食生活しかできなくなってしまったのです。実は似たような人を何人か知っています。

食事を楽しみながら、上手に酵素を取り入れていくのが一番!と思っています。



| Yukiyo | 2010/06/15 9:54 PM |

はじめまして〜。T細胞を検索していたら辿り着きました。

酵素Labということですが、果物の加熱も許容しちゃうんですね。大丈夫なんですか?

果物は加熱すると、食物酵素が死んでしまって、消化酵素を浪費し、インシュリンを過剰に分泌する、高GI高カロリー食品になってしまうと思いますが…。

もしかすると、最新の栄養学に基づく見解かもしれないので、その点ご教示頂ければと思います^^
| | 2010/06/15 10:10 AM |

どんな状態で食べても、それぞれの効用があるんですね。
| 梨香 | 2010/06/10 5:31 PM |

これからは、バナナのすじも一緒に食べるようにしようと思います。
| レオ | 2010/06/09 5:14 PM |

バナナの熟成によって効果が違うんですね。
バナナは好きなのでいつも食べています
| hiro | 2010/06/09 4:35 PM |

バナナの色々な効果の違いがよくえわかりました。
手軽に食べられるのでいつも常備しています
| milk | 2010/06/09 4:34 PM |

子供のころ、食欲がないと、母がバナナを潰して食べさせてくれたのを思い出します。甘くて食べやすいので、食べていた記憶がありますが、体によかったんですね。
| トトロ | 2010/06/08 5:18 PM |

バナナって、こんなにいろいろな効用があるんですね。
ちょっと見直してしまいました。
| モナ | 2010/06/08 4:19 PM |

バナナのスジ、必ずとっていました。
抗酸化作用があるなんて知りませんでした。
| Yoko | 2010/06/08 3:11 PM |

バナナっていろいろな効能があるんですね。
安くて手軽に食べれるのでいいですね。
| あおい | 2010/06/08 1:57 PM |

あまりやわらかくなったバナナが好きじゃないのですが、青いバナナにも、ちゃんと効果があるんですね。
| Hana | 2010/06/08 1:49 PM |












このページの先頭へ