エンザイム(酵素)Lab.

ホリスティック栄養学&ホリスティックケアを中心とした健康コラム By Yukiyo
<< 口蹄疫 | main | 武器は酵素? >>
泡の力でアンチエイジング

大豆や小豆を煮たときに、相当量の泡が出ますね。
また、豆腐を作る過程でも、ブクブクと泡がたちます。


あの泡に含まれる化学成分がサポニンです。多くの植物に含まれていますが、大豆と小豆に豊富なので、とくに大豆サポニン、小豆サポニンと区別して呼ばれることが多いようです。
サポニン (saponin) はもともと「シャボン(泡、泡立ち)」と語源を同じくする発泡作用を意味する物質で、ステロイド、ステロイドアルカロイド、またはトリテルペンの配糖体で、水に溶けて石鹸様の発泡作用を示す物質の総称です。

大豆サポニンの代表的な働きの1つは、血液中の余分な脂質(コレステロール、中性脂肪)を低下させ肥満を予防することです。
体内に血栓をつくり、動脈硬化を進行させる過酸化脂質の生成を抑制します。また、プドウ糖が中性脂肪に変化するのを抑え、血中コレステ□一ルの低下作用も認められています。すい臓から分泌される脂肪消化酵素にも働きかけて、小腸での脂肪吸収率を抑制する作用もあるそうです。
また、サポニンの界面活性作用は、大腸で便を適度なやわらかさにしてお通じをスムーズ、便秘の予防にも役立ちます。

大豆サポニンのもう1つの大きな働きは、抗酸化作用です
体内の細胞膜を構成する脂質は加齢や活性酸素によって過酸化脂質に変化します。
細胞膜の酸化は皮膚をはじめとする体の老化や動脈硬化の元となり、血管系のトラブルを招きやすくなり、がんの誘因にもなるのです。
言いかえると、大豆サポニンは、老化や動脈硬化、ガンなどの予防に有効なのです。加齢とともに低下する体内サイクルを活性化し、シワを目立たなくしたりなど、アンチエイジングに役立つという嬉しい効果が期待できますね。

大豆サポニンは、大豆はもちろん、納豆・味噌・豆腐・高野豆腐・ゆば・豆乳など、色々な食材に含まれています。
サプリメントも色々出ていますが、大豆にはサポニン以外にも、レシチンイソフラボンなど、すぐれた成分が含まれていますので、毎日の食卓に何かしら大豆製品を取り入れるようにするといいですね

 大豆はすごい!
 脳の栄養素 ☆ 美肌にも ♪ 大豆レシチン
 植物性エストロゲン 大豆イソフラボン

ご訪問、ありがとうございます。ポチっと、1クリックお願いします 
健康法
← ポチッ

| Yukiyo | 食品・栄養 | 19:56 | comments(5) | -
納豆をあける音で愛犬チャコが大興奮です。
一緒に納豆を毎日食べていますよ〜
| チャコまま | 2010/05/24 2:41 PM |

サポニンが、余分な脂質を溶かすということは聞いたことありましたが、抗酸化作用があるのは知りませんでした。
総合的に考えてみても、やっぱり大豆はいいですね。
| れん | 2010/05/22 7:22 PM |

サポニンって肥満予防・便秘予防・老化予防をしてくれるんですね。大豆はサポニン以外にも色々な成分があり、やっぱり体にいいんだなぁって思います。
| Shiho | 2010/05/21 10:38 PM |

サポニンって聞いたことありましたが、よく知りませんでした。とてもよくわかりました。
いつもとても勉強になります。
| Mako | 2010/05/21 9:23 PM |

以前、小豆を煮たとき、泡が立ちましたが、あれがサポニンだったんですね。

| Yoko | 2010/05/21 9:06 PM |












このページの先頭へ