エンザイム(酵素)Lab.

ホリスティック栄養学&ホリスティックケアを中心とした健康コラム By Yukiyo
<< 酵素と水で生まれる辛み成分 | main | 植物性エストロゲン >>
玄米でミネラル不足?

玄米や雑穀米を食べている方、増えていますよね。
私も玄米や雑穀米を食べています。

玄米

玄米には胚芽の部分にミネラルがたくさん含まれているのに、食べ続けるとミネラル不足になるという話を聞いたことありませんか?
実際、健康意識が高くて玄米菜食を徹底してずっと続けているマクロビアンで、色が黒く、見た目がやつれた不健康な感じの方を何人も知っています 
(もちろん玄米を食べているせいとは限りませんが…)

玄米の胚芽や表皮にはフィチン酸という強力な排泄作用を持つ物質がたくさんあって、毒素を出して病気を治していくと同時にミネラルも出していってしまいます。
玄米の胚芽の部分は新しい生命の芽を出すための栄養として存在しているので、小鳥などに種籾を食べ過ぎられないように強いアクを持っています
このアクが毒素を引っ張って出すのです。

毒素が出ていけば病気の症状は消えていき、玄米を食べたから病気が治ったと、さらに徹底して食べ続けた結果、ミネラル欠乏症で体調を崩す場合がある…ということなのです。

フィチン酸は別名「イノシトール6リン酸」とも言われ、植物類のほとんどに含まれる天然成分です。米穀類や種子に多く含まれ、玄米や米糠に含まれるものが、特に有名です。
フィチン酸は金属イオン類を取り囲み、強力な抗酸化作用の働きで活性酸素の発生を抑制し、結果としてガンを予防、抑制すると研究されていますが、一方で、リン酸を主成分としたフィチン酸には、鉄分やカルシウムなどの必須ミネラル成分と強く結合し、その吸収を阻害することも判明しています。

個人的には、食べ過ぎない限り、そんなに神経質にならなくてもいいのでは?とは思いますが、実は、このフィチン酸の問題を解決する方法が、2つあります。
(心配な人はこれで安心

1つ目は玄米を焙煎する方法玄米コーヒーです。
玄米を炒ることで、フィチン酸が有害物質だけを排出するように変化し、玄米コーヒーに含まれるフィチン酸は、亜鉛やマグネシウムなどのミネラルとは結合しないという研究結果が出ています。

もう1つは、発芽のメカニズムを利用する方法…いわゆる発芽玄米です。
新芽を発芽させることで「フィターゼ」という酵素を働かせ、フィチン酸とミネラル成分が分解して独立。それぞれが、体内に吸収されやすい姿に変わります。


どちらも素晴らしいですね!

玄米コーヒーに関してはこちらをご覧ください。
 玄米コーヒーの炭効果!
 水だし玄米コーヒー

発芽玄米については、別の機会にご紹介しますネ。

ご訪問、ありがとうございます。GW楽しんでください!
ポチっと、クリックしていていただけると嬉しいです
 
健康法


| Yukiyo | 食品・栄養 | 13:00 | comments(3) | -
はじめまして。

私の周りにもマクロビを10年以上実践しているのに、顔色の悪い人が何人かいて不思議に思っていました。

でも、私も玄米食べているけど、元気です!
食べる量が違うのかな?

玄米コーヒーも飲んでみようと思います。
| さくら | 2010/05/02 3:49 PM |

玄米でミネラル不足…っていうのは聞いたことありますが、どういう意味かよくわからなかったので、とてもよくわかりました。

発芽玄米や玄米コーヒーがいいわけもわかりました。

ありがとうございました。
| セリカ | 2010/04/30 11:44 PM |

普段は白米ですが、玄米も時々食べています。
なので、玄米ばっかり食べ過ぎているわけではないので、心配なさそうですね。
でも、発芽玄米と玄米コーヒーは気になります。
| Hana | 2010/04/30 6:29 PM |












このページの先頭へ