エンザイム(酵素)Lab.

ホリスティック栄養学&ホリスティックケアを中心とした健康コラム By Yukiyo
<< 湿布薬も要注意! | main | デザイナーフーズ・プログラム >>
EPAで花粉症予防!

「DHAとEPAとどう違うんですか?」という質問がありました。
「DHAは脳にいい」とテレビなどでよく取り上げられていたので知っている人が多いようですが、EPAはあまりよく知らない方もいるようですので、今日は、EPAのお話をしますね。

EPA(Eicosapentaenoic acid:エイコサペンタエン酸)は、DHA同様、不飽和脂肪酸の1つで、オメガ3(リノレン酸系列)に属し、魚や植物油から摂取することができます。

EPA

EPAやDHAは白身、赤身の魚よりも青い魚の油に多く含まれています。
EPAは、養殖ハマチ・イワシ・マグロ(トロ)・サバ・ブリ・サンマの順に多く含まれます。DHAはマグロ(トロ)・養殖マダイ・ブリ・サバ・養殖ハマチの順に多く含まれますので、重なりますね。
さかな さかな さかな 〜


EPAには下記の様なすぐれた効能がありますので、生活が不規則な人・生活習慣病を予防したい人・アレルギーを改善したい人・肌が乾燥する人・肉をよく食べる人・炎症疾患のある人などは、しっかり摂取しましょう。

生活習慣病の予防
血小板の凝固を抑えて、血液中の悪玉コレステロールを減らし、血液をサラサラにします。
また、肝臓で悪玉コレステロールが過剰に作られるのを防ぎ、中性脂肪の増加を抑え、脳卒中や動脈硬化をはじめとした生活習慣病の予防に役立ちます。

アレルギー疾患の予防
炎症物質(ロイコトリエンB4)を抑制する働きがあり、炎症を抑制するビオチンの効果を高める効能も持ってるため、花粉症やアトピー性皮膚炎・ぜんそくなどのアレルギー疾患の予防や改善に役立ちます。

乾燥肌・敏感肌の予防
角質細胞を繋ぐ重要な役割を持っていますので、しっかり摂取することで、乾燥肌や敏感肌を防ぎます。
アトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症の改善にも役立つと言われています。

生理痛の緩和
子宮を収縮して経血を排出するために分泌されるプロスタグランジンの生成を抑える効果があるため、生理痛の緩和に役立ちます。


EPAとDHAは血流を良くし、動脈硬化などの生活習慣病を予防するなど、似た効果がありますが、中性脂肪を減少させる効果はEPAの方が高く、コレステロールを下げる効果についてはDHAの方が高いなど、得意とする効果や違った効果もありますので、両方を同時に摂取する事で、相互的に有効に働くことが期待できます。
魚が苦手な人やベジタリアンの人は、α-リノレン酸を多く含む食品を食べましょう。 

サバなどの青魚のアレルギーがある人もいるのに、その青魚の油が、花粉症やアトピーなどのアレルギーに効果があるなんて、何だか不思議ですね

 DHAで脳を活性!
 花粉症予防

EPAで花粉症を予防しましょう・・・
1日1回クリックしていただけると嬉しいです。よろしくお願いします。 
健康法 



| Yukiyo | 食品・栄養 | 18:08 | comments(7) | -
そろそろ花粉対策をしなくちゃ・・・です。

食生活はあわててなおすんじゃなくて、普段から気をつけなくてはいけないのでしょうけどね・・・
| あゆみ | 2010/02/06 3:41 PM |

お魚大好きで、よく食べます。
そのおかげかどうかはわかりませんが、花粉症とはまったく縁がありません。
| Mai | 2010/02/04 7:48 PM |

魚が大好きなにでどんどん食べたいと思います。
家族と一緒だとお肉にかたよってしまいがちですが・・・
| milk | 2010/02/02 6:10 PM |

肉ばかり食べていた友達が、肉をやめて魚に変えたら、アトピーが良くなってきたと言っていました。
| まりも | 2010/02/02 7:23 AM |

青魚はあまり食べなかったのですが、嫌いなわけではないので、なるべく食べるようにしようと思います。
| レイ | 2010/01/30 7:58 PM |

魚の油が花粉症にきくなんて知りませんでした。
花粉症だけでなく、アトピーとかにもいいんですね。
| パコ | 2010/01/30 7:34 PM |

確かにDHAばかり取り上げられていますね。
EPAも色々な効能があるのですね。
| Hana | 2010/01/30 6:43 PM |












このページの先頭へ